長距離の引越しで気を付けたいこと

10月 24th, 2013

引越しは人生で何度か行うものです。といえ、何度も経験することがある人も少ないかと思います。特に長距離に及ぶ引越しでは気を付けたいことがあります。西日本から東日本へ、東日本から西日本へ、引っ越す場合に気を付けたいことをご紹介します。


家電の周波数をチェックしよう

日本では電力の供給などが富士川を境目に、西日本と東日本と分けられています。この富士川から西を西日本、東を東日本と考えているのです。現在は周波数が自由で縛りのない家電も増えていますが、家電によっては周波数というものが指定されているケースがあります。これは西と東で変わるもので、西では60hz、東では50hzと指定されています。この周波数が違うものを利用すると、家電が動かない、壊れてしまうということもあります。


電子レンジ、洗濯機、蛍光灯は要チェック

周波数が違うと、火災などの事故につながりやすい家電が、電子レンジや蛍光灯、洗濯機などです。火花が出る、家電がショートを起こすなど取り返しのつかない事故につながりやすいと言われています。長距離の引越しを行う場合、あらかじめ新居の電気屋さんや不動産屋などに問い合わせを行うようにしましょう。またプロバイダやインターネットも西日本と東日本では同じ会社でも別の契約となる場合が多いそうです。

Comments are closed.