業者に頼らず自分で引越し

8月 29th, 2014

自分で引越しをしようとする場合は、すべての作業と手配を行なう必要があります。比較的荷物が少なくて済む一人暮らしを例に考えてみましょう。


<自分で引越しをする準備>

まず業者に依頼しない代わりに、搬送の手段であるトラックと人手を確保することが必要になります。免許を持っている人がいることも必須の条件です。トラックが小さくて済む場合や自家用車がある場合は、かなり費用を抑えることが可能でしょう。

次に荷造りのため、ダンボールを確保します。業者に依頼すると無料でもらえることもありますが、個人の場合には自分で調達します。とはいえホームセンターなどで購入する以外にも、スーパーなどを渡り歩いてコツコツ集めるという方法があります。


<自分で引越しをするメリット>

一人暮らしで荷物が少ないとはいえ、効率や安全を考えれば2名以上の人員を確保することが望ましいです。しかし個人的な引越しなので、その日のうちに必ず終わらせなければならないという制約もありません。結果的には主にレンタカーの料金(延長も含む)と、手伝いをお願いした友人たちへの御礼にいくらかの費用がかかる程度と思われます。
プロではなく素人が自力で引越し作業をするという点をしっかりと認識し、安全に気をつけて焦らずに取り組めば、ひとつのイベントのように楽しめるのではないでしょうか。

Comments are closed.