引越しするなら蕎麦を食え

4月 6th, 2015

日本独自で昔ながらの習慣である引越し蕎麦ですが最近はあまり引越しの際に蕎麦を配るという方は見かけません。近年は引越し先のご近所にご挨拶もしないという方も増え近所にどんな方が住んでいるのかなど全くわからない状況になってもいます。

そこで今回はそんな蕎麦と引越しの関係とその重要性についてお話致します。


引越し蕎麦の本来の役割と歴史

引っ越し蕎麦とは引っ越し先で配るお蕎麦のことで江戸時代から始まった文化だと言われています。大家さんと隣近所の方にご挨拶を兼ねて蕎麦を送り今後のお付き合いを柔軟なものにするための潤滑材として重宝されていました。蕎麦を引っ越し先で食べるものだと勘違いしている方も多くいらっしゃいますが実際は食べるものではなく相手に渡すためのものなのです。
しかし最近は近代化による環境の変化に伴い人間の身体も弱くなったせいか蕎麦アレルギーの方も増加の傾向にあり、むやみやたらに蕎麦を配ると逆に困らせてしまうことにもなっています。引越しした際に挨拶をする際蕎麦ではなくタオルや洗剤を選ぶようになった理由にはアレルギーの増加も含まれているのです。


いっそ配らずに自分で食べて気分を味わう

引越し蕎麦はもともと挨拶を込めてご近所に配るためのものですが自分で食べることで引っ越しをより味わえるようにすることも出来ます。年越し蕎麦は次の年を迎えるために食べるものですが引っ越し蕎麦も同様に新しい部屋と新しい暮らしを迎えるために必要な蕎麦なのです。年越し蕎麦は年越しの準備が終わって一段落している際にまた料理をするという手間を省き家族揃って夕食をとるためという目的もあります。引っ越しの際も業者の方や不動産会社・大家さんとの手続きや引っ越しの片付けと部屋を生活出来る環境に整えるなど色々忙しいものです。そんな中でわざわざ夕食を作るのも面倒ですね。
ご近所にご挨拶として用意するものは無難にタオルなど利便性が高く人を選ばないものを選択し、蕎麦は自分や家族と味わうものとして風習を変化させることも必要なのかもしれませんね。年越し蕎麦のように新しい生活を迎える意識を高めるため美味しい蕎麦を食べましょう。

引っ越し関連の企業では今も引っ越しのために蕎麦を用意しているところが多く蕎麦を取り扱っているお店では引っ越し蕎麦を作っているところも沢山存在しています。さらに引越し業者を利用して引っ越しをすると蕎麦がオプションでついてくるという不動産会社もあり、やはり蕎麦と引越しは切っても切れない関係であると言えるのです。

業者に頼らず自分で引越し

8月 29th, 2014

自分で引越しをしようとする場合は、すべての作業と手配を行なう必要があります。比較的荷物が少なくて済む一人暮らしを例に考えてみましょう。


<自分で引越しをする準備>

まず業者に依頼しない代わりに、搬送の手段であるトラックと人手を確保することが必要になります。免許を持っている人がいることも必須の条件です。トラックが小さくて済む場合や自家用車がある場合は、かなり費用を抑えることが可能でしょう。

次に荷造りのため、ダンボールを確保します。業者に依頼すると無料でもらえることもありますが、個人の場合には自分で調達します。とはいえホームセンターなどで購入する以外にも、スーパーなどを渡り歩いてコツコツ集めるという方法があります。


<自分で引越しをするメリット>

一人暮らしで荷物が少ないとはいえ、効率や安全を考えれば2名以上の人員を確保することが望ましいです。しかし個人的な引越しなので、その日のうちに必ず終わらせなければならないという制約もありません。結果的には主にレンタカーの料金(延長も含む)と、手伝いをお願いした友人たちへの御礼にいくらかの費用がかかる程度と思われます。
プロではなく素人が自力で引越し作業をするという点をしっかりと認識し、安全に気をつけて焦らずに取り組めば、ひとつのイベントのように楽しめるのではないでしょうか。

廃棄方法はお得なサービスも利用してさらに引越しをもっとお得に

5月 29th, 2014

廃棄すべきものが確実に出るのが引越しでしょう。中にはまだ使える状態であるにもかかわらず、もう依頼無い物も出るかもしれません。しかし、そういった使えるものは引越しだからと言ってすぐに捨てても良いものでしょうか?もっと有意義な処分方法もあるはずです。


<リサイクルショップに持っていく>

まだ、使えるものでもういらないものが出たら、リサイクルショップに持っていくというのも一つの手でしょう。もちろん、その保存状態によって受け取れるお金も変わってくるでしょう。中には値段が付かないものも出てくるかもしれません。しかし、廃棄するとお金も掛ってしまう可能性もあり、業者に依頼すれば尚更です。使えるものがあればリサイクルショップなどに持っていきお金に変換してもらうのもお得な処分方法です。


<本であれば中古本屋に>

引越しで本やゲームなどで要らないものが出れば中古本屋さんに持っていきましょう。たくさんああるのでしたら、一気に処分してもらういい機会になります。たくさん持っていけばその分だけお金で買い取ってもらえる可能性もありますしね。このように、もしも使えるもので処分するものはリサイクルショップや古本屋さんに持っていくとお金で買い取ってもらえるのでお得です。

引越しの見積もりの際に注意すること

4月 9th, 2014

引越しの見積もりはメールや電話だけで取らないようにしましょう。実際に見てもらった方が食い違いや問題が起こらないからです。


<荷物の量を正確に把握することが大事>

引越しの費用は荷物の量によって大きく違います。メールや電話で伝えただけだと、当日に実際の荷物を見たら大きく違っていた、ということもよくあるのです。見積もりの量と当日の荷物の量が違うと、トラックの大きさなどが違ってくるので当日に問題が発生してしまうことになります。もちろん、荷物の量が多いと追加料金が発生します。さらにスタッフの人数などにも影響してしまいます。そういったトラブルを避けるためにも、実際に下見に来てもらって、荷物の量などを見てもらって正確な見積もりをもらうようにしましょう。


<家の周りなどについて見てもらう>

引越し業者に下見に来てもらえば家やマンションのつくり、近所の様子などが分かります。マンションなどの場合はエレベーターがあるか、使えるのか、といったことも引っ越し作業においては重要なことです。そういったことは分かっていないと、後になって追加費用を請求されてしまうこともあります。できるだけメールや電話だけの見積もりは避けて、訪問してもらって見積もりをもらうようにしましょう。

引越しで気を付けておきたいことについて

3月 11th, 2014

引越しをする際に気を付けておきたいことは、ダンボールの組み立て方だと思います。
きちんと組み立てなければ、中に入れている荷物が抜け落ちてしまい片付ける手間が増えてしまいますので、しっかりしておきたいですよね。
ダンボールを組み立てる時には、ガムテープで底面を十字に貼るのが良いかと思いますよ。
出来れば両端もしっかりとめておいた方が、中身が抜け落ちる事も無いので良いですね。


引越しの荷物はどこから片付けていけばいいの?

引越しをされる時に一番大変なことは、荷物を少しずつ片付けていくことだと思います。
まずは普段使っていないものから片付けていくのが良いのだそうですよ。
また、大きな家具から順にしまっていき必要最低限のもの以外はしまうようにした方が良いかと思います。
必要最低限のものは、手で持ち運べるものやすぐにしまう事の出来るものですので、あまり出しておかない方が良いですよ。


冷蔵庫の中身について

そしてもう一つ困ってしまうのが、冷蔵庫の中身。
引越しを決められたら、徐々に中身を減らしていかれるのが良いかと思いますよ。
また、買い物をされる時にも多く食材などを購入されない方が良いと思いますので、気を付けて下さいね。
ちなみに、冷蔵庫は運ぶのが一番大変な家具みたいですので、専門業者にお願いをしている方も多いのだそうです。

悪徳引っ越し業者の見極め方

1月 23rd, 2014

引っ越しでは大切なものを扱うことになります。それを雑に扱われたり、傷をつけられては困ります。ていねいな作業をしてもらえる引っ越し業者にお願いしたいですね。どのような引っ越し業者に依頼すればいいのでしょうか?


<信頼できる引っ越し業者とは?>

経験豊富なスタッフが多い、梱包もていねいにしてくれる、見積もりの説明をきちんとしてくれる、段取りがいい、といった業者に依頼したいものです。また、見積もりが安すぎる業者は信頼してはいけないと言われています。引っ越しにはそれなしにお金がかかるものです。あまりにも安い見積もりの場合、梱包や引っ越しの道具などがそろっていない、スタッフが慣れていない、などといったことがあるかもしれません。安すぎる見積もりはその理由を聞きましょう。


<悪徳業者を見極めるポイント>

引っ越し業者の中にも悪徳業者と言われる業者がいます。例えば、契約手付金や前金などを請求する業者です。国土交通省の決めたものには、手付金や内金、予約金などは禁止されています。基本的に引っ越し費用は後払いなのです。それを請求する業者は信頼できません。また、見積もりの料金を請求された、引っ越しの時の荷物や部屋に傷をすけたり、壊したりしても弁償してくれない、といった業者にも注意しましょう。

引越しで気を付けたい楽器類

12月 16th, 2013

引越しは人生で何度も行うことは少ないかと思いますが、一度は経験する人が多いのではないでしょうか。その中でもピアノなどの楽器を運ぶ場合、オプションで専門知識のある人間が作業を行います。ピアノなどの大型楽器や、ギターなどを運ぶ際に気を付けたいことをご紹介します。


自分で運べるものは自分で引越しを

ギターやベースなど、自分で運べるものであればできる限り自分で運搬を行うことをお勧めします。アンプなども含めて衝撃には非常に弱いものです。また作業員全員に楽器などの専門知識があるわけではありません。そのため、自分で運搬が可能なものに関してはできる限り、自分で行いましょう。どうしても無理な場合はハードケースに入れ、隙間などをクッション材でしっかりとふさぎます。天地の決まっているものはガムテープなどで矢印を目立つところに入れましょう。天地無用のシールや、取扱注意のテープも目立つところにきちんと貼っておきましょう。


ピアノなどの大型楽器はオプションで

ピアノや自分では運び出せない大型の楽器はオプション料金を支払って引越し業者に頼むか、楽器の運搬を専門に扱っている業者に頼みましょう。古い楽器などは特に小さな振動だけで調律が狂ってしまうこともあります。充分に気を付けても、傷が入ってしまえば二度ともとには戻りません。大切な楽器であれば多少値段がかかっても安心できるところに頼むようにしましょう。

テンションの上がる物件を選ぶ

10月 24th, 2013

引越しまでに時間が迫っている方は、物件探しと引越し業者選びを並行して進めている方も多いのと思います。しかし「引越しベテラン」なんていう方は少ないはず。後で後悔しない為にも物件探しから業者選びまでポイントを確認していきましょう。


物件探しは妥協しない

まずは、物件探しです。住みたい地区、沿線を明確にしておくと物件が絞込み易くなりますが、その土地に住むメリットだけでなくデメリットも上げる事が必要です。例えば、おシャレで交通に便利ではあるが家賃相場が高めで会社には乗り換えが必要。このメリットデメリットの条件を計りにかける事になります。通勤時間を有効使用できるという方には問題ありませんが、時給換算すると割りに合わないと感じるのであれば問題です。また、検索サイトを利用する場合は1つだけではなくいくつか選ぶ事です。地元密着型の不動産会社の方が条件のいい物件をもっている事が多いのです。


納得のいく引越し業者を選ぶ

引越し業者を選ぶ時には大手だけではなく、地元密着型の中小業者もピックアップしましょう。そして5社くらいから必ず、明細付の見積をもらいましょう。また、訪問してもらう事で交渉し易くなるのでおすすめです。手間は掛かりますが、直接会う事で費用を下げられる確率は高くなります。十分に比較、競争させて納得のいく引越しを目指しましょう。

時間制の引越し業者を選ぶ時の注意点

10月 24th, 2013

ひとつの引越し業者の中にもいろいろなプランが存在します。自分の手間が少なればなる程に費用は大きくなっていきます。当日忙しい方は、やむ得なくそのようなプランを選ぶ事もあるでしょう。また、最小限の予算で済ませたい方は時間制の引越しプランを選ぶ方も多いようです。


時間制の引越しスタイルの注意点

時間制の引越しスタイルを選ぶ場合にはいくつか注意しておかなければならない事があります。時間制のプランを主体としている業者は中小業者が多く社員教育が充実していない、または少々あくどい業者に当たってしまうと思わぬ損をしてしまう事がしばしばあります。1時間いくらという風に料金が決まっている場合は、スタッフは上司に指示されてゆっくり
作業を進めるなど姑息な時間稼ぎを行う事があります。その編の見極めは難しい点ではありますが、予防する手立てはあります。


実際にお家に来てもらおう

まずは、電話やネットだけの契約やり取りは絶対にNGです。必ず訪問見積を取りましょう。また、現場に詳しい方に来ていただくと実際の荷物の量と引越し先までの距離などから相場のなどを質問してみましょう。また、段ボールなどのオプションは有料なのか当日発生しうる追加料金はあるのか、トラブルが起きた時の事まできちんと確認する事です。できれば、同じ時間制の引越し業者と競争させると費用交渉がスムーズです。

ペットと一緒の引越し

10月 24th, 2013

何度も経験はしないけれど、人生で避けて通ることの難しい引っ越しでは、ペットを連れて引越しを行うこともあるかと思います。人間だけでもストレスや不安を感じるものですが、ペットも同じように引越しではストレスを感じます。ペットと一緒の引越しで気を付けたいことをご紹介します。


ペットホテルなども考えておこう

引っ越し当日は、多くの人が家に出入りするほか、家具などの運びだしで大きな音が出てしまうことも考えられます。犬や猫は人間以上に嗅覚や聴覚が優れているため、音におびえて逃げ出してしまう、嗅いだことのないにおいなどで興奮してしまうなどが考えられます。できる限り、引っ越し当日にはペットは自宅におかないようにしましょう。最寄りのペットホテルや、もしも長距離の引っ越しならば、新居のそばのペットホテルに預けるなど、工夫をしましょう。一緒にいなければいけない場合であれば、お風呂場や洗面所など狭くて隔離できる場所にキャリーに入れた状態で隠してあげるようにしましょう。


熱帯魚などはプロに任せることも考えて

熱帯魚など環境や温度の変化に非常にデリケートな生き物の場合は、水槽を先に新居に設置するなどして、環境の変化をできるだけ少なくしましょう。自分で行う場合は、うろこなどを傷つけないようにパッキングしてすぐに運びだしてあげることになります。どちらにしても当日に水槽も熱帯魚も、と考えると時間がなくなる場合が多いそうです。気を付けましょう。

長距離の引越しで気を付けたいこと

10月 24th, 2013

引越しは人生で何度か行うものです。といえ、何度も経験することがある人も少ないかと思います。特に長距離に及ぶ引越しでは気を付けたいことがあります。西日本から東日本へ、東日本から西日本へ、引っ越す場合に気を付けたいことをご紹介します。


家電の周波数をチェックしよう

日本では電力の供給などが富士川を境目に、西日本と東日本と分けられています。この富士川から西を西日本、東を東日本と考えているのです。現在は周波数が自由で縛りのない家電も増えていますが、家電によっては周波数というものが指定されているケースがあります。これは西と東で変わるもので、西では60hz、東では50hzと指定されています。この周波数が違うものを利用すると、家電が動かない、壊れてしまうということもあります。


電子レンジ、洗濯機、蛍光灯は要チェック

周波数が違うと、火災などの事故につながりやすい家電が、電子レンジや蛍光灯、洗濯機などです。火花が出る、家電がショートを起こすなど取り返しのつかない事故につながりやすいと言われています。長距離の引越しを行う場合、あらかじめ新居の電気屋さんや不動産屋などに問い合わせを行うようにしましょう。またプロバイダやインターネットも西日本と東日本では同じ会社でも別の契約となる場合が多いそうです。